京都で生まれたアフリカの布

10月13日(日)14:00~

アフリカの人々が身にまとう色鮮やかなアフリカンプリント
1950年代~70年代、その布が京都で作られ大阪の商社を通じて神戸港から輸出されていたことを知る人は少ない。「なぜ京都で?」その謎を解き明かすトークを開催します。
「アフリカンプリント 京都で生まれた布物語」の著者のおひとり上田文さんをお迎えしてお話いただきます。スペシャルゲストには日本画家、竹内浩一さんをお迎えします。
貴重な当時の布の展示もあります。
参加費:予約1500円 当日2000円 アフリカン珈琲orティつき 30名
予約満席の場合は当日はありません。申込はmail:information@sakaimachi-garow.com

bigaによるアフリカプリントの服や小物、ブルキナファソの籠の展示販売もあります。