インドネシア・ジャワの影絵芝居、人形劇、ガムラン演奏

9月22日(土)18:00~20:30
「インドネシア伝統芸能団ハナジョス」 による人形劇と影絵芝居の上演です。堺町画廊にあるバナナの幹を使って本格的なジャワの舞台を再現。
 
人形劇
①トラとやんちゃなシカ、カンチル
小さく弱いけれど知恵を使って生き抜く豆シカカンチルの物語。
カンチルが森で腹を空かせたトラに見つかってしまいました。さあ、どうするカンチル?
 
影絵芝居
②鬼アリンボの昇天
勇者ビモに恋をした鬼娘アリンビの兄アリンボは、
ビモと妹アリンビの結婚を許さない。自分たちの父を殺したのが他でもないビモの父であるからだ。
しかし敵を愛する妹の決意は固く、アリンボは自らの命をかけてその長き因縁を断ち切ろうとする。
 
前半40分、休憩10~15分、後半40分 
 
参加費:予約2,000円 当日2,500円
予約はメールかお電話で
information@sakaimachi-garow.com
075-213-3636

虹乃美稀子さん お話会「7年後 東北からのメッセージ」

9月16日(日)10:00~12:00 参加費500円
虹乃美稀子さん(母子週末保養プロジェクトちいたびJapan代表)

原発事故の被災者と支援者という立場でなく、同じ東北に住む仲間として、2011年秋から遠方保養に出かけるのが難しい乳幼児とその母親を対象とし仙台での母子週末保養を実施しています。

主催:にじのたねKyouto

印鑰智哉さんお話会「徹底討論・たね」

9月12日(水)19:00~

種子法案廃止後に様々な市民団体、小売店舗、農家の皆さんと日常的に情報交換していこうと立ち上げたメーリングリスト「ファーマーズマーケットのあるくらし」。
今回はそのネットワークで種子法、遺伝子組換え、農薬問題、世界の小農家さんの活動にお詳しい印鑰智哉さんのお話会を企画いたします。

聞き手は農家さんであり研究者でもある松平尚也さんです。
一筋縄ではいかない問題ですが、市民が「自分たちはこんな食を求めている。食をめぐる社会も環境もこんな風にしていきたい」、そんなイメージをしっかりと持っていけたら、それを実現する力を養っていけたらという思いで、様々な立場の方のお話をとにかくお聞きしていこうと思っています。
お気軽にご参加お待ちしております.

印鑰智哉さん(日本の種子を守る会事務局アドバイザー)
プロフィール:http://blog.rederio.jp/about

参加費:1000円
ご予約・お問い合わせはは堺町画廊 information@sakaimachi-garow.com
またはmasuji90@maia.eonet.ne.jp井崎までお待ちしております。

主催:Kyoto farmers market,たねの日、堺町画廊

たねの日 6粒め

9月1日(土)11:00~16:30
おいしいものを食べながら、種について考え、学び、語りあい、わかちあう一日。

オーガニックマルシェ 11:00~13:00、15:30~16:30
お話会 13:00~14:00 お話:池添友一さん(三重・時芽輝農場)要予約 参加費:500円
たねじまん大会 14:30~15:30 参加費:500円

江戸のえんぎものVol.2 春画夜ばなしー夏編ー

8月12日sun. 19:00~21:00 TALKは満席になりました。

TALK  春画にみる江戸の夏ー七夕から怪談までー 19:00~19:45
講師:鈴木堅弘(美術史家、精華大学特別研究員)

WORKSHOP お招きさんの土人形を作ろう! 20:00~21;00

TALK 1,000円 ワンドリンクつき(アルコール有)定員30名
TALK&WORKSHOP 3,500円 ワンドリンクつき(アルコール有) 定員10名

お申込みは engimono2018@gmail.com お招きプロジェクト