宇井眞紀子×藤戸ひろ子×Inokakuru-yuki exhibition

6月27日wed.~7月1日sun. 11:00~19:00

6月30日sat. 7月1日sun. inokakuru-yuki木彫ワークショップ
参加費3,000円(要予約)

6月30日sat. 宇井眞紀子スライドトークショー「アイヌ100人のいま」
藤戸ひろ子UPOPOライブ(シト・シケレベ茶つき)
16時~ 参加費1,500円(要予約)

お問い合わせ:ミナミナの会

第4回堺町上映会「イザイホー1990年 久高島の女たち」

◯第4回堺町上映会 予約は満席となりました。
■日程:7月14日(土)
17:30-受付
18:00-上映
18:45-休憩
シェアトーク(缶ビールでも飲みながら)
20:30 終了
■上映作品
「イザイホー1990年 久高島の女たち」(1991年30分/作品No.86)
沖縄本島の東南沖に浮かぶ久高島は琉球列島で太陽が最初にのぼる島である。琉球の島々をつくった神が海の彼方の神の国ニライハーラーから最初ににたどり着いたのも久高島と伝えられている。琉球王朝が神の島、信仰の島として最も深く崇敬したのもこの島であった。

久高島には久高ヌルと外間ヌルなど女性を中心にした祭祀組織がありイザイホーと呼ばれる12 年に一度(午年)の重要な神行事が伝えられている。30歳から41歳までの島生まれの既婚女性がその祭祀組織に新しく加入する儀礼である。

イザイニガヤーと呼ばれる新加入の女性たちはイザイホーを経験することによって初めて「ナンチュ(一人前の女)になった」と認められる。旧暦11月14日のウガンダティ(御願立)に始まり、11月20日のシティガフー(御願結び)にいたる7日間の神行事である。

久高には1年に40回近い年中行事が行われるがイザイホーと関係の深い行事がある。旧暦8月の祭りの後に行われるナーリキ(男の名付け式)と11月のアミドゥシ(海の漁に関わる行事)である。

男のナーリキが行われないと女のイザイホーもできないと言われるが1990年ノロたちがいないため、ナーリキもできなかった。祭りを司る久高ヌルは3年前に亡くなり外間ヌルも高齢に加えて病気で入院し、ついにイザイホーは行われなかった。

この記録は、中止となったイザイホー期間中の久高島の女性たちの想いと行動を軸にしながら、前回のイザイホー(1978 年)の写真記録と音声記録を活用し、イザイホーという神行事がどんなものなのかを明らかにしようとしたものである。

■入場料: 1,000円
■定 員: 30名(予約者優先で、満員の際は入場をお断りする場合があります) ■申込み: 民映研の映画をみんなで上映する会
min.eiken.kyoto@gmail.com
090-4493-0411(桜井)

ブルキナのかごと布展

『ブルキナのかごと布展』 at 京都・堺町画廊

日時|2018.6/21thu. — 24sun.   11:00ー19:00

★初日21日は14時オープン。★最終日は18:00まで

3年目を数えるブルキナのカゴ展。
今年は鮮やかな色彩の布パーニュの日常着もたくさんご覧いただけます。どうぞお楽しみに。
「biga」ーーー ブルキナファソと日本に拠点を置き、西アフリカの手仕事の品々を紹介します。それぞれの持つ学びや知恵、価値を共有し、手をつなぎ、小さくても誠実なプロジェクトを目指します。今回は、ブルキナファソの工房で植物染めした山羊皮ハンドルの手編みかごや、綿糸、鮮やかで軽やかなアフリカンテキスタイルの日常着、オーガニックシアバターのソープなどをご紹介します。

※期間中、23日はマゴソスクールさんのライブイベントと早川千晶さんのトークも同時開催。
詳細は堺町画廊さんのHPにてご確認ください。イベント開催中もbigaの商品もおご購入いただけます。

精霊を呼ぶタイコ

精霊を呼ぶタイコ ~ケニア・ドゥルマ民族の音楽と暮らし~
6月23日(土)14:00~16:00
参加費:2000円 要予約      満席になりました!
トーク&ライブ 大西匡哉(ミュージシャン)・早川千晶(ケニア在住29年)

HENDRICK LILANGA展

ヘンドリック・リランガ展
~タンザニアからやってきたポップなシェタニ(精霊)たち~
6月9日(土)~17日(日) 11:00~19:00 月曜休み

6月16日(土)18:00~19:30「アートと音楽の夜」 ヘンドリック・リランガを囲んで にぎやかにおしゃべり会+映像+音楽  参加費:1,000円(タンザニア紅茶つき) 要予約:30名

※リランガ本人によるギャラリートークも以下開催!
6月16日(土)11:30~
6月17日(日)11:30~

保養キャンプ応援チャリティ

6月4日(月)14:00~19:00

バザー出店
山の一家*葉根舎
笑顔つながるささやまステイ
らあちゃんのマクロビおやつ
古川与助商店
那智勝浦の南高梅と実山椒

講演会 17:00~19:00 参加費:500円 19歳以下無料
橋本ちあきさんのマクロビオテックのお話
坂本和子さんの持続可能な暮らしのお話
中井美和子さんの醤油作り、こんにゃく作りのお話

民映研堺町上映会

第3回堺町上映会
■日程:6月2日(土)
17:30-受付 18:00-上映 18:45-休憩 シェアトーク(缶ビールでも飲みながら)
20:30 終了

■上映作品
「川口の鋳物師(いもじ)」(1984年/41分/作品No.44)

これは、鋳物の町川口での、鋳物師の伝統的な技と祈りの記録である。
鋳物作りは、外側の鋳型(外型)と内側の鋳型(中子)の間に溶けた鉄を流し込み、天水鉢や鐘などの鉄製品を作る作業である。
明治になって、生型という砂を押し固めて鋳型を作る方法が入ったが、それ以前は粘土で作って焼き固めた鋳型で作られた。
ここでは、鋳物師鋳物師鈴木文吾さんの焼型によるよる点水鉢作りを中心に記録を進めている。
鋳物生産には、角のないよい砂のあることが必要条件である。荒川がその砂を提供してきた。また火も重要である。荒川への感謝、火伏せの神であるお稲荷さんへの信仰、鍛冶屋・鋳物師の守り神である金山様への信仰・・。
職人技は、祈りとともに伝えられてきた。

■入場料:1,000円 ■定員30名(予約者優先で、満員の際は入場をお断りする場合があります)

■申込み: 民映研の映画をみんなで上映する会
min.eiken.kyoto@gmail.com
090-4493-0411(桜井)

ケニアから日本のあなたに伝えたいこと

お話とフェルトアニマルの展示販売
5月28日(月)10:00~12:00
お話:「ケニアから日本のあなたへ伝えたいこと」
菊本照子さん(Save the children center 代表)

児童養護施設マトマイニ・チルドレンズ・ホーム(希望の家)を始め、孤児やストリートチルドレン、貧困層の 子どもたちを対象に彼らの救援と保護養育を行うと同時に、彼らを生み出している都市スラムのシングルマザーたちの自立援助活動等を行っています。
マトマイニの工房で作られたカラフルなフェルトの動物たちは、ケニアと海外でも大好評となりスラムのママたちの重要な収入源となっています。
参加費:1000円(ケニアティーつき)

村上康成 森羅万象+水ぎわの珍プレー 展

5月19日(土)~27日(日) 21月曜休み

村上康成 新刊イラストエッセイ「水ぎわの珍プレー」(講談社)の原画展示
オリジナル絵画、絵本、村上Breezingのグッズの販売

19日(土)「水ぎわトーク」ライブがあります。
14:00~15:30
お話+ライブ:村上康成
30名予約制 参加費2,000円(お茶とお菓子付き)
お申込みは5月1日よりinformation@sakaimachi-garow.com